【教える】ということについて本気出して考えてみた。

Sponsored Link

『教える』ということ。

 
今まで誰からも
 何も教わっていないし
 何も教えたことはない
という人はいないだろう。
 
————————————————
 
では、教わり方を
教えてもらった事がある人は?
・・・年上の方に大体の人は教えられるだろう。
 
では、教え方を
教わった事がある人は?
・・・多くはないだろうがいるだろう。
 
では、教えるマインドを
教えてもらった事がある人は?
・・・ほぼいないのではないだろうか。
 
————————————————

『教えるマインド』

 
伝える技術ではなく、
感情の話になってくるんだけども。
 
ティーチングもコーチングも全然知らないんで
あくまで自分の中での話しますね。

 

まずはスキルに近い部分から。
 
————————————————
 
私は人に教える時
相手のバックボーンをまず教えてもらいます。
 
それによって、寄り添うというか
相手の思考パターンが知れますよね。
 
今までの経験や家族構成、
現在の言動や行動をみて、

今まで出会った人間の誰にタイプが似てるか
という事を当てはめる。
 
すると、どういう人間なのかがザックリわかる。
これ、結構私には必要。
 
まんまではないにしろ、
タイプが似てると教え方の方向性が決めやすいんですよね。
 
原理的にはコールドリーディングに似てるんですけども。
 
・・・一方的に命令した方がいいタイプ
・・・なぜそうすべきか教えた方がいいタイプ
・・・ワイワイ友達感覚で教えた方がいいタイプ
・・・モチベーションだけあげて自力でさせた方がいいタイプ
 
などなど、実はいっぱいあるんですよね。
 
ケースバイケースですけど、
その人のタイプに合わせて教えるのが
一番理想的なんじゃないかなと思いますよ。

 


『教える側の意識』

 
私は『自分は見られている』という意識が
すこぶる必要だと思っています。
 
いわゆる、自分自身が模範になるべく行動する。
 
教えますよね。
教え子はやりますよね。
自分もしてますよね。
当然教え子は見ますよね。
(あれ、言ってる事とやってる事ちげーじゃん…)
 
って思われたくないですよね。
もしそうなってたら一番ダメなパターンです。
 
教えたからには
注意したからには
言ったからには
 
「絶対教えた側は完璧にやり続けないといけない」
 
と思います。
 
じゃないと、相手が
何を信じていいかわからなくなってしまう。
 
信用も築けない。
 
もし、考え方が変わったのであれば
何故それに至ったのか説明の義務がある。
 
そして、
大体の事は教える人も
教えてる内容できてないと思うんですけど、
 
それでも教えないといけない状況なのであれば
ちゃんとそれを「伝える」。
 
そこをないがしろにしている人がどれほど多いか。
俺はこういう風に思っていて、
だからこういう風にやっている。
まだ自分も完璧には出来ないが、
できるだけそれに近づくように
こういう風に努力をしているんだ。
だからお前も一緒に頑張ろうな。
だってその方が良いと思うだろ?
よし、じゃあとりあえず◯◯から始めようか。
 
って言われたら
頑張っちゃいますよね、大体の人は。
 
全然お前ダメ!
◯◯やれっつってんだろ!
なんで出来ないんだ!
教えただろ!
 
的なね。
言葉の荒さは置いといて、
それに近い事を言う(思う)人多いですよね。
それを受けた部下からしたら
(いや、お前の教え方が悪いんやろ…)
とか
(お前人のこと全然言えへんやん…)
とか思っちゃうわけですよね。
 
はっきり言って、部下が仕事出来ないのは
「上司が99.9%悪い」です。
 
その人に合わせた教え方、してますか?
 
自分の考えを一辺倒に教えてるだけちゃいますか?
 
もし少しでも何かよぎったなら、
自分を戒めてください。
 
ちなみに私は自分が出来ないことは
ほとんど教えません。
 
自信を持って理論的に説明出来ない限り、
違う人に聞いてって言います。
 
もしそれでも教えないといけない場合は
上記のように言います。
 
で、言ったからには完璧に自分は出来るように
ひたすら努力します。
 
それが、教える側の「責任」かなと思います。
 
———————————————–
 
あ、あと全然話変わって
ただの余談なんですが
 
知識がなくとも、メリットがないと感じても、
人に教えまくった方がいいと思います。
 
そうすることで、
フワフワしてた思考や感覚が
文書化や言語化することで
自分の中でまとまります。
 
そして人に伝えるのって
すごく難しいからめっちゃ考えます。
 
間違ってたり半端じゃダメだから
事前に情報収集すごくします。
 
聞き手は、この言い方(書き方)でどう感じるだろうか。
というのをトライ&エラーをし続ける。
 
すると、段々と自分の考えもクリアになり、
コミュニケーションスキルが格段に上がる。
 
仕事をする上で、どの業種でも必要なスキルですよね。
 
私が何の利益もないのに
こういうページを書いてるのは主にそれの為ですね。
 
え?
さっき教える責任がどうとか言ってなかったっけって?
 
ははは、それはあなたの読解能力がないというのだよ。
 
はいすいません。
私の文章能力の無さが生み出した事です。
わかりやすく書き直すの面倒臭くなって
そのままいっちゃいましたごめんなさい。
 
皆さんも是非、
何でもいいんで人に何か『伝えて』みてくださいね。
 
もちろん、「責任」をもって、ね。
 
以上。

Sponsored Link

コメントを残す