プロのバリスタがおすすめするドリップコーヒー器具4選【初心者必見】

Sponsored Link

コーヒー屋さんで飲むコーヒー、格別ですよね。

マスターがじっくりと丁寧に淹れた至極の液体に、ゆったりとくつろげる空間。
BGMはポコポコとお湯が沸く音や、ミルでコーヒー豆を挽く音。

本を片手に静かにひとりで飲む、至福の時間。

うーん、考えただけでも幸せですね。

そんな美味しいコーヒータイム、おうちでも味わいたいですよね。

ではおうちで美味しく淹れるにはどういう道具がいるのか、バリスタがご紹介したいとおもいます!

Sponsored Link


ハンドドリップコーヒーを美味しくいれる為に必要な器具

美味しいコーヒーを淹れるにはいくつか器具が必要です。

なので最低限これだけ持っていれば美味しく淹れられるよ!っていうものをご紹介したいと思います。

  1. ミル
  2. ドリッパー
  3. ドリップポット
  4. 計量スケール

この4つさえあれば、美味しく淹れられます。
ではどの商品が良いかを書いていきますね!

 

①コーヒーミル(コーヒーグラインダー)

私は抽出技術とかよりもコーヒーミルが一番大事なんじゃないかと思ってます。
それぐらい重要なポジションですね。

そんなコーヒーミルさん。家庭用でしたら2種類あるんですよ。

手動か電動か。

当たり前ですが手動のほうが安くて、電動はぼちぼちの値段です。

1日1~2回しか使わないなら手動ミルで十分ですが、頻繁に飲まれたりご家族で飲まれて挽く量が多い場合はちょっとしんどいですよね。

そういう方は電動の方がいいと思います。

手動コーヒーミル(安いタイプ)

これの素敵なところは、価格も安価で微粉ごと巻き込めるところです。

挽いた粉が下に溜まるので、挽いた後そのままフリフリしたら微粉ごと取れます。

周りが粉だらけにならずにすみますし、ブレード(挽くところの刃)はセラミック製で丈夫ですしもちろん水洗いも可能です。

欠点といえば手動は全部そうですが、手でゴリゴリするのでちょっと疲れます。笑

女性はちょっとしんどいかもしれませんね。

浅い焼き具合の豆はすこし固いので、そういう場合は太ももではさんでやると力が入って削りやすいですよ!

あと挽き目の調整が見た目ではわからないので、分解清掃すると毎回調整しないといけないです。

手動コーヒーミル(本格派)

超最高級のハンドコーヒーミル。

著名なバリスタ達がこぞって使用している、世界的にも有名なハンドコーヒーミルです。

なんといっても挽き目の細かさがかなり一定。

手動のくせに値段はかなり高いですが、バリスタの大会でも使用されているぐらい高品質なので、プレゼントにもピッタリではないでしょうか。

電動コーヒーミル(安いタイプ)

created by Rinker
Melitta (メリタ)
¥5,800 (2019/11/13 15:48:37時点 Amazon調べ-詳細)

安すぎて心配になる電動ミル。
かなり安いですけど挽き目もそこまで悪くない。電動なので楽です。

が、どうしても微粉は多いですね。

挽いてから1分ほど放置して、静電気が取れてからミルごと振れば問題ないです。

安価なミル全般に言えることですが、ブレードが小さいのに高速回転するので、あんまり一気にいっぱい挽くと熱で豆が劣化するので注意が必要です。

電動コーヒーミル(中堅クラス)

もう少し挽き目が安定して、挽くスピードも1杯10秒ぐらいと早いです。

こちらも微粉は出ますが気になるほどではないですね。メンテナンスも楽ですし。

そしてちょっとオシャレ(ここ重要)。色も4種類あります。

エスプレッソからフレンチプレスまで対応しているので、一台でまかないたい!という方にオススメ。

業務用じゃないのでバラつきはありエスプレッソで淹れると苦エグくなりやすいですが、家庭用として飲むなら全然ありだとおもいます。

電動コーヒーミル(静かなタイプ)

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥35,340 (2019/11/13 11:16:10時点 Amazon調べ-詳細)

マンション等で夜に豆を挽くとちょっと音が気になりますよね。

そういう時にはネクストGがオススメ!

静かに挽くことに特化して作られているので、他の電動コーヒーミルと比べるとすごく静かです。

静音タイプをお探しの方はこちらをどうぞ。

電動コーヒーミル(本格派)

値段気にせずちゃんとしたやつを買いたい!と思うならこれがオススメ。

そこそこな値段ですが、こだわりが強いお店で使われている率が高いです。

ミルに必要なのは挽き目の安定感。
この価格帯だとこれが一番安定していますね。

 

フジローヤルはコーヒーの焙煎機で有名なメーカーです。
その会社が本気出したやつなので信じていいとおもいます。

ちなみに私は普段、これを使っています。

パッと見おなじで半額ぐらいなKaritaのナイスカットミルとは全然ちがうものなのでご注意を。

もしナイスカットミルぐらいの値段が良い!というならばこっちの方がオススメです。

created by Rinker
BONMAC
¥26,950 (2019/11/13 13:52:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

②コーヒードリッパー

肝心なコーヒーを抽出する道具。
これがないと豆挽いても淹れられないですよね。

最近は種類がかなり増えてきましたが、とりあえず安くて手入れが簡単で美味しく淹れやすいものをご紹介しようと思います。

コーヒーサーバー付き

コーヒードリッパーのみ

サーバーはあったら便利ですけど最悪なくても良いって感じですが、ドリッパーは個人的にこいつはめちゃくちゃ優秀なのでぜひ

すこし気をつけたら誰でもそれなりの味に淹れられるんじゃないでしょうか。

同業の人で逆にむずかしくない?っていう意見もありますが、まぁこのへんは好みなのでつかってみて判断してみてください。

ハリオV60専用ペーパーフィルター

味の特徴としては、甘みを引き出しやすい構造をしているとおもいます。

問題点としては、形状が特殊なため専用フィルターを使っているため、その辺ではあまり売ってないというぐらいでしょうか。

購入する際は、百貨店かネットで買えるので安心してくださいね。

 

コーヒー粉をセットする前にペーパーを濡らす手順をされる場合は、粉をセットしたらすぐに抽出しないといけないのでご注意ください。

お湯に触れた瞬間からその部分から抽出がはじまってしまうので、ペーパーに触れている部分が抽出されてしまいます。

ですので、ペーパーを濡らしてコーヒー粉をセットしたら、すぐにお湯を注ぐのが毎回おいしく淹れるコツですよ

 

③コーヒー用ドリップポット

お湯を注ぐやつです。
究極いうと、細く注げるならヤカンでも急須でもなんでも良いです

でもさすがにそれだと味気ないので、ちょっとこだわってみましょう。

コーヒードリップ用ポット(安い方)

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥4,242 (2019/11/13 11:16:11時点 Amazon調べ-詳細)

IHと直火どちらでもいけるので便利です。

持ち手がついてるので火にかけても熱くないところもGOOD。

 

IHと直火だと若干味が変わるという説もあるので、めちゃくちゃこだわりたい方は直火がオススメです。

ちなみに私は面倒なのでIHを使っています。笑

コーヒードリップ用ポット(高い方)

created by Rinker
タカヒロ
¥8,747 (2019/11/13 13:52:58時点 Amazon調べ-詳細)

細く注ぐことに特化した珠玉の逸品
これを使えば誰でも点滴抽出ができます。

ただちょっと高い。完全にプロ向け商品ですね。

デザインも洗練されているのでインテリアとしてもグッド。
本当にこだわりたい方にオススメです

コーヒードリップ用電気ケトル

ちょっと価格は張りますが、プロのバリスタ達が愛用している電気ポットです。

お湯を沸かして、そのまま注げるというのが最高ですね。カップラーメンにも最適です(笑)

 

一番の利点は、温度コントロール

通常の湯沸かし器は100度まで沸騰させてしまいますが、その温度帯はコーヒーの抽出にはあまり向いていません。

豆にもよりますが、一般的には90度前後が理想なのですが、なんとその温度を常にキープしてくれます!

コーヒーを淹れることに特化したケトルなので、とてもオススメです。

 

④コーヒースケール(電子はかり)

豆やお湯量を計るために使います。
これもカップが乗るサイズならなんでもいいと思うんですけど、ちょっとこだわってみましょう。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥4,021 (2019/11/13 13:52:58時点 Amazon調べ-詳細)

タイマー付きで時間と重さを同時に計れる優れモノ。

つまり注ぎながら時間とお湯量を計れるんですよ。
オシャレなコーヒースタンドとかでよく使われていますね。

黒くてデザインもクールなので「ちゃんとやってる感」がすごくします。笑

コーヒースケール(プロ仕様)

created by Rinker
acaia
¥21,770 (2019/11/13 15:54:51時点 Amazon調べ-詳細)

IoTを組み合わせた最新式スケール。

アプリと連動できたり、使い方しだいでいくらでも上達できます。

ちょっと高いので家庭で使われている方は少ないですが、数値が変わるレスポンスがかなり早く、正確にドリップできます。

大会に出場するクラスはほとんどこれを使っていますので、いろいろ試したい方におすすめです。

 

ハンドドリップコーヒーを美味しくいれる為に必要なコーヒー豆

器具はもちろん大事ですが、やはりコーヒー豆がよろしくないと美味しいコーヒーは淹れられません。

せっかく買うのですから、コーヒー豆も美味しいものを使ってみましょう。

おすすめコーヒー豆①ロクメイコーヒー

私の知り合いのお店がネットショップもされています。

こちらのオーナー焙煎士の井田さんは、ローストマスターズという超ハイクラスの焙煎の大会でなんと日本一になりました!!おめでとうございます!

他にもバリスタ委員会というスペシャルティコーヒー協会の大会運営をされていたり、すごく精力的に活動されている方です。

浅煎りコーヒーと言えばこちらのお店。すごく美味しいのでオススメですよ。

ロクメイコーヒーのショップはこちら>>

おすすめコーヒー豆②珈琲キャロット

写真真ん中の内倉さんは、実は彼もローストマスターズという焙煎の大会で過去に日本チャンピオンになられた実力者です。

コーヒーのネット通販では1〜2位を争う著名ロースターではないでしょうか。

中煎りぐらいの飲みやすいコーヒーなイメージです。

珈琲きゃろっとのショップはこちら>>

おすすめコーヒー豆③ドイコーヒー

昔からネット通販をされている老舗ロースター。

上記2店舗は最先端の味ですが、こちらは昔懐かしの味わい。

酸味が嫌いで深めや濃いめがお好きな方はこちらが良いとおもいますよ。

ドイコーヒーのショップはこちら>>

 

ドリップコーヒー器具まとめ

◆コーヒーミル

手動
ハリオ手挽きコーヒーミル
コマンダンテコーヒーグラインダー

電動
・最安:メリタパーフェクトタッチⅡ
・中堅:ボダムコーヒーグラインダーBISTRO
・上質:ボンマックコーヒーミルBM-250
・静音:カリタネクストG
・最高:フジローヤルみるっこ

◆コーヒードリッパー

コーヒーサーバー付き
ハリオV60ドリップサーバー付き

コーヒードリッパーのみ
ハリオV60コーヒードリッパー
ハリオV60-01用ペーパーフィルター

◆コーヒー用ドリップポット

・定番:カリタコーヒーポット
・上質:タカヒロコーヒードリップポット雫
・最高:ボナヴィータ電気ケトル

◆コーヒースケール

・定番:ハリオV60ドリップスケール
・上質:アカイアスケール

◆コーヒー豆

・浅煎り:ロクメイコーヒー
・中煎り:珈琲キャロット
・深煎り:ドイコーヒー

 

いかがでしたか?
この器具がそろっていれば、美味しいコーヒーを淹れられること間違いなしです。

ぜひ素敵なコーヒーライフをお送りくださいませ!

より詳しくかいた電子書籍を販売しております。
ご興味があればぜひご覧ください。

Sponsored Link