ブログ(ネット)で炎上したときの3つの対処法。

Sponsored Link
f:id:yuski-m:20160326230017p:plain

どうも、松本です。

若いころSNSで業界人むけに尖った発言をしてよく炎上してきました。

そこで学んだこと5つを紹介したいとおもいます。

①炎上しても無視。

 

まぁ一番無難ですね。

ほとんどのブロガーはそうしているんじゃないでしょうか。

コメント欄を消してる人もいますよね。

絡むのも面倒ですし、価値観の違う人と話しても相いれることはほぼないですしね。

なんつーか、時間の無駄。

 

②炎上したら論破。

 

わたしがよくやるやつですw

基本的に炎上って悪いことして炎上することの方が少ないんですよ。

ただただ正論を言って、凡人の価値観と相いれないから鬱陶しがられるっていうだけで。

君たちの見えない部分を代弁してあげてるんだからありがたいと思いやがれと思いながら火に油を注いでますw

 

炎上ってつまり批判ですよね。

批判ってことは所詮感情の話なんですよ。

冷静に理論を並べ立てて、なぜそうなのかを掘り下げて追及しまくっていったら相手は理論がないから反応がなくなるんです。

 

もちろんこちらとしては理論がある前提の話ですけどね。

 

それに、もし相手にも思う理論があって反論してきたとしても、

それはそれで勉強になってオモシロいんですよね。

あーそういう考えもあるんだな、って。

 

まぁ参考には1mmもしないから言われるだけ無駄なんですがw

 

③炎上ネタをさらに記事にする。

 

【拝啓 山崎さま】ぼくのブログを読んでブチ切れられてる件について – 未来は変えられるの?

ブロガーの宮森さんが以前炎上コメントにムカつきすぎて記事にしちゃったそうです。

プロブロガーのはあちゅうさんやイケダハヤトさんもたまにしてますよね。

ああいう感じです。

 

むしろその理論に肉付けしていく機会が与えられるし、

新しいネタになるんで良いことしかない気がするw

 

ていうか炎上の何が悪いの?

 

そもそも炎上っておいしくないですか?

関西人やからかなこの感覚w

よし目立った!美味しい!みたいな(笑)

 

まぁその感覚はさすがに特殊だと思いますけど、

体感的には批判を受けるぐらい尖った内容のほうがその分ファンがついてくるんですよ。

 

実際わたしの例で言うと、

ブログは最近書き始めたんですが元々Facebookをしているんですね。

そこでおもっきり業界の主流とは違った考え方を披露するんですよ。

すると大して更新してないにもかかわらず、シェアしてもらったりして全国の業界人から知ってもらえる。

「あの投稿ささりました!わたしも共感します!」

っていうのをすごい頂ける。ありがたい。

 

でも、じゃあ逆張りや奇をてらえばいいのかというとそうではなく、

みんなが実は思っていることの代弁をすること

が大事なんだと思う。

 

みんながやってるからそうだと思ってるけど、自分で1から考えたことはないこと。

 

こういう部分を自分の意見として掘り下げて考えたら、その考え方にファンがつくんだよね。

 

だからわたしはもっと炎上したい!

もっと尖って、もっとファンを増やしていきたいと思う!

 

阿呆じゃなく、自分の意見を言える、尖った人が増えてほしいな。

 

*****

 

あとたまに心配する人いるけど、炎上しても刺されたりしないんで大丈夫っすよ。笑

そしてわたしの場合は仮にもし襲われても残念ながら幼少時代に身を守らないと生きていけない環境で育ったんで、ずっと武道やってたから素人なんて基本的に片手で倒せます。

対ナイフ術も習ってたので武器もってても無駄です。

論破スキルも絶賛向上中なのでネットの書き込み程度じゃ攻撃になりません。

わたしを倒したければミサイルでも射ってきなさい。ははは。

 

ってことで、以上!


Sponsored Link

1 個のコメント

  • はじめまして(^O^)/
    つい最近、ネットイナゴに悩まされまして・・・・血を吐くほどやったのですけど・・・・ あなたの記事でとても勉強になり、気が本当に楽になりました。
    本当にありがとうございました_(._.)_

  • コメントを残す