バリスタがおすすめする本格的な家庭用エスプレッソマシン7選【スチームやラテアートも簡単】

Sponsored Link
  • コーヒーが好き!特にエスプレッソが大好き!!
  • でも家でエスプレッソとかカフェラテ・カプチーノを作りたいけど、どれを選べばいいかわからない・・・。
  • 以前5万円ぐらいのやつを電気屋さんで買ったけど、カフェで飲むやつとは味がぜんぜん違うし・・・。
  • カプセルやフルオートだと楽だけど味はいまいち・・・。
  • それに家庭用ってダサいのが多いから、インテリアにもなるオシャレなやつがいいなぁ。
そんな方へ。

エスプレッソのスペシャリストであるバリスタが、おしゃれで本格的な機能がついた家庭用エスプレッソマシンをオススメします!

バリスタ
軽く自己紹介すると、12年ほど最前線でバリスタをしながら、店長したりラテアートの世界大会にでたりしていました。

エスプレッソマシンのことなら何でも聞いてくださいね。

この記事でわかること

  • 家庭用エスプレッソマシンの種類
  • ミルクフォーム・ラテアートができる小型セミオートエスプレッソマシンの種類
  • グラインダー等、家庭でエスプレッソ・カフェラテを淹れるために必要なもの

この辺りをご説明させて頂きます。

家庭用エスプレッソマシンの選び方・ポイント

家庭用エスプレッソマシンは、ザックリ分けると

  • フルオート(全自動)エスプレッソマシン
  • セミオートエスプレッソマシン
  • カフェポッド・カプセル式マシン

の3種類があります。

当記事では本格的に淹れられるセミオートエスプレッソマシンをおすすめしますが、他の種類も最初に1機種ずつだけご紹介しますね。

 

フルオート(全自動)エスプレッソマシンが適した方はこんな方

ボタンを押したら出来上がり!
簡単美味しいコーヒーを誰でも作ることができます。

豆から挽いて淹れるので、常に新鮮なコーヒーを淹れることができます。

しかし、イメージでいうと誰が淹れても60点、という感じですね。

技術がいらない分、こだわることは出来ません。

気分によって色んなお店のコーヒー豆を使ってみたいな

そんな方には、フルオートエスプレッソマシンをおすすめします。

created by Rinker
デロンギ(De'Longhi)
¥169,600 (2019/11/13 04:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

カフェポッド・カプセル式エスプレッソマシンが適した方はこんな方

こちらはさらに簡単!コーヒー豆のカスさえ残らないので、手軽の極み。

カプセルポーションに個別に入っているので、電子レンジを使うぐらい簡単です。

ただ、エスプレッソかと言われると微妙なラインですね。ちょっとシャバシャバしてます。

味がほどほどに美味しかったら、とにかく手軽なほうが良いわ

そんな方には、カフェポッドマシンをおすすめします。

created by Rinker
Nespresso(ネスプレッソ)
¥42,222 (2019/11/13 05:06:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

セミオートエスプレッソマシンが適した方はこんな方

さて、ここからが本題です

ミルクスチームはできて当たり前、ラテアートができるレベルのきめ細やかなミルクをフォームすることができるのが、セミオートエスプレッソマシン。

上記のフルオートエスプレッソマシンやカプセル式エスプレッソマシンでは、物足りない方におすすめです。

ある程度の技術が必要だったり別途グラインダーが必要だったりしますが、セミオートエスプレッソマシンで淹れたエスプレッソやカフェラテは、もはや次元が違います。

本格的なお店と同じクオリティで淹れたい

そんな方には、セミオートエスプレッソマシンをおすすめします。

ここからは数あるセミオートマシンの中から、バリスタ目線でピックアップしていきたいと思います。

 

家庭用エスプレッソマシン①ROCKET社Appartamento(アパルタメント)

イタリア:ロケット社アパルタメント

海外のアパート窓をイメージした丸がキュートなデザインで、ステンレスボディーに感じられやすい重たいイメージを払拭しています。

足元のデザインもこだわっていて、インテリアとしても抜群のセンスを感じますね。

ロケット社の社長は二人いるのですが、その一人であるアンドリュー氏はデザイナーなのでどのマシンも細部までこだわっていて超カッコイイです。

オシャレなキッチンに置いてもバッチリ似合うと思いますよ。

家庭用エスプレッソマシン①:アパルタメントの性能

コンパクトながら機能面ではクオリティが高く、音はバイブレーションポンプなので多少しますが、タンク式マシンとして安定した抽出ができます。

ちゃんとしたエスプレッソマシンの相場を知らない方はもしかしたら高く感じるかもしれませんが、個人的にはこのランクからエスプレッソマシンと呼んで良いレベルだと思っています。

抽出量はメモリータイプではなく手動のレバータイプですが、こだわってる感は間違いなくこちらの方が出ますよ。

  • 見た目:★★★★★
  • 性 能:★★★★☆
  • 静音性:★★★☆☆
  • コスパ:★★★★☆

アパルタメントの商品ページはこちら>>

 

家庭用エスプレッソマシン②LA SCALA社ButterflyA1(バタフライエーワン)

イタリア:ラ・スカラ社バタフライA1

少しクラシックなデザインですが、ポップなビジュアルで女性にも人気です。

このランクで赤色と黒色のカラーバリエーションがあるのは嬉しいですね。

家庭用としてはもちろん、カップウォーマーにカップをたくさん置けるので、ちょっとしたオフィスや美容室にもグッドです。

家庭用エスプレッソマシン②:バタフライA1の性能

こちらもバイブレーションポンプなので性能は先ほどのアパルタメントとほぼ同じですが、秒数設定のできるメモリースイッチが付いています。

抽出量を設定したら自動で止まるので、慣れていない方には便利だと思いますよ。

エスプレッソ抽出、ミルクスチームの一連の作業をプロが本気だしたスピードで淹れても問題なく淹れられます。

タンク式の入門機としてベストな機種ですね。

  • 見た目:★★★★☆
  • 性 能:★★★★☆
  • 静音性:★★★☆☆
  • コスパ:★★★★☆

バタフライA1の商品ページはこちら>>

 

家庭用エスプレッソマシン③SIMONELLI社Oscar2(オスカー ツー)

イタリア:シモネリ社オスカー2 

外装をプラスチックにすることで、安価に作った商品です。

ブラックとレッドのカラーバリエーションもありますが、プラスチックなので人によっては少しチャチさを感じるかもしれません。

家庭用エスプレッソマシン③:オスカー2の性能

メモリー機能もついていて、スチームは若干弱いですが標準でラテアートチップが付いているので、問題なくラテアートもできます

また、普通スチームノブは回すタイプが多いのですが、シモネリ特有のレバータイプになっているので、連続で淹れても疲れにくい仕様です。

こちらも①と②と同じく、バイブレーションポンプなので少し音が気になります。気軽にプロ仕様を試してみたいという方にオススメですね

  • 見た目:★★★☆☆
  • 性 能:★★★★☆
  • 静音性:★★★☆☆
  • コスパ:★★★★☆

オスカー2の商品ページはこちら>>

 

家庭用エスプレッソマシン④SIMONELLI社Musica(ムジカ)

イタリア:シモネリ社ムジカ

LUXという色がオシャレでカッコいいです。

サイドが光るので暗めの部屋だと存在感ハンパないです

家庭用エスプレッソマシン④:の性能

実は中身はオスカー2と同じなので、性能は全く同じです。

中身が同じでも外装がしっかりしているので、その分価格があがっている感じですね。

  • 見た目:★★★★★
  • 性 能:★★★★☆
  • 静音性:★★★☆☆
  • コスパ:★★★☆☆

ムジカの商品ページはこちら>>

 

家庭用エスプレッソマシン⑤ROCKET社Giotto EvoluzioneR(ジオット エヴォリゾーネ アール)

イタリア:ロケット社ジオット・エヴォリゾーネR

①でご紹介したROCKET社の上位版(ロータリーポンプ搭載)です。

これはもはや家庭用と言っていいのかというレベルですね。

見た目も超カッコいい。側面がフラットなタイプ(Mozzafiato)もあります。

マルシェなど外でカフェラテを淹れないといけない時に、私もよく使っています。

 

家庭用エスプレッソマシン⑤:ジオットエヴォリゾーネRの性能

上記4種となにが違うのかというと、ポンプ(水を吸い込んで圧力をかける部品)が違います。

通常、家庭用エスプレッソマシンはバイブレーションポンプという安いポンプを使うのですが、これは水道直結のマシンと同じロータリーポンプというものを使っています。

堅牢性・安定性に優れたポンプなので、店とまったく同じレベルで淹れたいのであれば、断然これをオススメします。しかも静か。

 

他にも、ジオットはPID(温度制御)がついているので、1℃単位で狙った温度に設定することができます(抽出温度ではなくスチームボイラー温度です)。

タンク式でこれがついているのは珍しいので、ロケット社のこだわりを感じますね(普通は圧力スイッチです)。

 

ちなみにジオットだけに限らず、小型マシンのネックはスチーム力だとおもうのですが、ワンウェイチップに変更することで水道直結の業務用マシンと大差ないクオリティでつくることができますよ。

超本格的に家で淹れたい方、コーヒー屋じゃないけどコーヒーが出したいお店、オフィスでなどなど、オールマイティにつかえるマシンです。

中途半端に安いのを買うぐらいなら、アパルタメントかジオットを思い切って買うことをオススメします。

  • 見た目:★★★★★
  • 性 能:★★★★★
  • 静音性:★★★★★
  • コスパ:★★★★★

ジオット・エヴォリゾーネRの商品ページはこちら>>

 

家庭用エスプレッソマシン⑥LA MARZOCCO社Linea Mini(リネア ミニ)

イタリア:マルゾッコ社リネアミニ

みんな大好きマルゾッコ初のタンク式です。

スイッチもレバーではなく横にスライドさせるタイプなので、他と差をつけたいならアリですね。

かなり価格は高めですが、カラーバリエーションも豊富なのでどこに置いても似合うと思います。

家庭用エスプレッソマシン⑥:リネアミニの性能

ロータリーポンプなのはもちろん、ダブルボイラーという抽出用とスチーム用それぞれにボイラー&ヒーターが付いているので、温度管理が徹底されています。

また、スチームボイラーがタンク式の中では一番大きいので、マルゾッコらしい安定したスチーミングが可能です。

 

ただ、水を補給する場所がドレンパンを外した奥にあるので、連続で何10杯も淹れるならちょっと使いづらさが目立ちます。

でも家庭で使用するなら水がなくなることはないので、問題ないですね。

  • 見た目:★★★★★
  • 性 能:★★★★★
  • 静音性:★★★★★
  • コスパ:★★★☆☆

リネアミニの商品ページはこちら>>

 

家庭用エスプレッソマシン⑦ROCKET社R60V(アール60ヴイ)

イタリア:ロケット社のR60V

①や⑤のROCKET社のさらに上位版です。

ロケットらしい男性的なデザインで、見る人を魅了させてくれます。

家庭用エスプレッソマシン⑦:R60Vの性能

これもロータリーポンプで、こちらは抽出ボイラーとスチームボイラーが分かれているダブルボイラー仕様です。

ですので、抽出・スチームに引っ張られることなく、それぞれ温度設定が可能です。

しかも!!このマシンのすごいところは、なんとタンク式で抽出圧力可変ができるんです。マジヤバです。

「なんだそれは。そもそも読めん。」

「ちゅうしゅつ あつりょく かへん」です。

なにがすごいのかというと、例えば抽出が25秒だったとしましょう。

最初の5秒を3気圧・15秒を9気圧・残り5秒を6気圧、みたいなことができるんですよ。

つまり、プレインフュージョン(前蒸らし)やアフターインフュージョン(後蒸らし)ができるということです。

これは水道直結でもかなりハイランクのマシンにしか搭載していなかった機能なのですが、まさかのタンク式で使えるようにしてきました。すごい。

スペシャリティコーヒーとかでめちゃめちゃこだわりたい、という方には高いけどものすごくオススメです!

  • 見た目:★★★★☆
  • 性 能:★★★★★★
  • 静音性:★★★★★
  • コスパ:★★★★☆

R60Vの商品ページはこちら。

 

エスプレッソを淹れるにはエスプレッソ用グラインダーもいります!

エスプレッソマシンさえあれば淹れられると思ってらっしゃる方が多いと思うのですが、実はコーヒー豆を粉に挽くエスプレッソグラインダーと、粉を押し固めるタンパーなどのアクセサリー類が必要です。

ドリップ用のコーヒーミルじゃダメなの?

残念ながらドリップ用のコーヒーミルではここまで細かく挽くことができません。

厳密にいうと挽けなくはないのですが、ミルに悪いのと、粒度分布がバラバラで美味しく淹れられません。

ですので、エスプレッソにはエスプレッソ用のグラインダーが必要なのです。

ということで、そちらも合わせてご紹介しますね。

 

家庭用エスプレッソグラインダー①EUREKA社Mignon Silenzio(ミニヨン サイレンツィオ)

イタリア:エウレカ社ミニヨンサイレンツィオ

こちらはちゃんとした味をだしてくれるエスプレッソグラインダーの中で、一番安いランクの商品です。

コンパクトで見た目も可愛らしいデザインなので、キッチンに置いても場所をとらずインテリアになります。

家庭用エスプレッソグラインダー①:ミニヨン サイレンツィオの性能

少し挽くのが遅いのですが(ダブルで20秒前後)、小型マシンには珍しくメッシュ(挽き目)調整も細かくできますし、味もなんら問題なく淹れられます。

少し価格が高く感じるかもしれませんが、最低限これぐらいのランクからでないと、粉の細かさが均一になっていなくて雑味を感じる味になりやすいです。

 

そしてわたしは、ご家庭ではドーサー(挽いた粉をためるところ)のないオンデマンドタイプをオススメしています。

なぜなら、ドーサーがあるとそこを掃除しないといけないので面倒だから!!

家で淹れると言っても、どれだけ飲む人でも1日に10杯ぐらいだとおもいます。

それなのにそこも掃除しないといけないとなると、ちょっと面倒ですよね。掃除しないと変な酸化臭がしてせっかくのコーヒーが台無しですし。

ですので、わたしはドーサーのないタイプのグラインダーをオススメします!

ご家庭ではミニヨンで十分ではないでしょうか。

  • 見た目:★★★★☆
  • 性 能:★★★★☆
  • 静音性:★★★★★
  • コスパ:★★★★★

ミニヨン サイレンツィオの商品ページはこちら>>

 

家庭用エスプレッソグラインダー②EUREKA社Mignon Specialita(ミニヨン スペシャリタ)

イタリア:エウレカ社ミニヨン スペシャリタ

先ほどのミニヨン サイレンツィオの上位機種。普通に業務用として使えるレベルです。

外側は液晶が付いているぐらいで他はサイズも同じ、違うところはブレード部分です。

カラーバリエーションも豊富で、どの家にもピッタリ当てはまるんじゃないでしょうか。

家庭用エスプレッソグラインダー①:ミニヨン スペシャリタの性能

基本性能はミニヨン サイレンツィオと同じですが、ブレードサイズがより大きいので挽くのが速いです(ダブルで10秒前後)。

オススメポイントとしては、液晶パネルで秒数設定を細かくできることです

これにより粉の量を毎回一定にすることができるため、クオリティを維持することができます。

 

また、個人的に一番良いなと思うところは、分解清掃が楽なところです。

エスプレッソグラインダーは部品が多くバラすのも面倒な印象ですが、なんとこれは上蓋と中蓋を外せば終わりです!

構造的に普通のエスプレッソグラインダーは上刃と下刃の高さで挽き目を調整しています。

普通は下刃が固定されていて、上刃の高さで調整しているため、分解清掃すると挽き目がわからなくなります。

ですが、エウレカの商品はすべて上刃が固定されて下刃(厳密に言うとモーターごと)で調整しているため、分解清掃しても挽き目が変わりません。

これ地味ですが、超超超便利です。

小型で音も静かですし、家庭用でつかう分には非のうちどころのないぐらいハイクオリティなエスプレッソグラインダーではないでしょうか。

  • 見た目:★★★★★
  • 性 能:★★★★★
  • 静音性:★★★★★
  • コスパ:★★★★★

ミニヨン スペシャリタの商品ページはこちら>>

エスプレッソを淹れるのに最低限必要なアクセサリーセット

最初にも書いたように、エスプレッソを淹れるためには他にもこまごました道具が必要です。

このあたりが最低限必要です。

ミルクピッチャーは12ozぐらいが小さい家のカップでもラテアートしやすいと思いますよ。

 

ちなみに業務用は基本的にホルダー径は58mmなので、タンパーを買う際はお気をつけくださいね。

今回オススメさせて頂いたセミオートマシンは全て58mmです。

エスプレッソを淹れる際、レベリングという粉を水平に整える手順があるのですが、難しいのでディストリビューターをつかうと誰でも簡単に淹れられますよ。

 

エスプレッソマシンを並行輸入・オークションで買うのは絶対ダメ

余談ですが、エスプレッソマシンって並行輸入とかオークションとかでも買えますよね?

「海外サイトのほうが安いから、並行輸入で買おうかな・・・」

気持ちはすごくわかるのですが、あれは正直まったくオススメしません。

なぜなら、修理ができないからです。

日本の代理店は絶対修理してくれませんし、DIYみたいなノリで修理しようにも高圧電流とかボイラーとか危なっかしいものがいっぱい入っているので、自分で修理は絶対にやめたほうがいいです。リアルに命の危険があるので。

 

ということは、買ったときは安くても修理できないから潰れたら即おじゃん

もう一度買うと新品で買うよりも高くなりますし、何よりすぐまた潰れます。

海外製ですし、精密機械なので初期不良がけっこう多いんですよ。

輸送は正直丁寧ではないので、結構壊れてることが多いです。オークションも然りですね。

だから日本の代理店はものすごくチェックしたうえで出荷して、それでも壊れてしまう可能性があるぐらいなので1年間保証も付いているんです

 

ちなみに並行輸入品をお店でつかうと法律的にアウトなので、口に入るものですしプロなんですからちゃんと検査したものを使ってくださいね。

ですので、結局そのほうが安いですし、安全を買うという意味合いで正規代理店から買われることをオススメいたします。

 

家庭用エスプレッソマシンまとめ

気軽に簡単にエスプレッソ・カフェラテをを淹れたい方におすすめ

家庭用フルオート(全自動)エスプレッソマシン

家庭用カフェポッド・カプセル式エスプレッソマシン

 

より本格的にエスプレッソ・カフェラテを淹れたい方におすすめ

家庭用セミオートエスプレッソマシン

  1. ロケット社アパルタメント
  2. ラ スカラ社バタフライA1
  3. シモネリ社オスカー2
  4. シモネリ社ムジカ
  5. ロケット社ジオット・エヴォリゾーネR
  6. ラ マルゾッコ社リネアミニ
  7. ロケット社R60V

エスプレッソ用グラインダー

アクセサリー類

◎並行輸入品・オークション品はオススメしない!!

 

いかがでしたか?すこしでも参考になれば幸いです。

ちなみにですが、注文ページで「松本のブログを見た」って書いて頂ければ、気持ち安くなるかもしれません。笑

ぜひご検討くださいませー!

※参照サイト:大一電化社公式オンラインショップ

Sponsored Link

コメントを残す