副業はメリットだらけ!本業の会社にもメリットしかない理由

Sponsored Link

こんにちは、10年ほど副業しながらサラリーマンやっている松本です。

私は副業を推奨しているのですが、なぜかというと本業に大きなメリットがあるからです。

そもそも一般的な副業の定義がちょっと違う気がするので、まずはそちらから。

 

副業の定義とは?

副業(ふくぎょう, Side business)は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。兼業サイドビジネスダブルワーク(Double work)ともよばれる。副業は就労形態によって、アルバイト(常用)、日雇い派遣在宅ビジネス内職などに分類される。

wikipediaより引用

上記の意味合いでいうと、例えば仕事終わりにコンビニ等でアルバイトすることも、副業となります。

ただし、それはただ時間を切り売りしているだけなので、本業にはあまり役には立たないし、収入的にも限界があります。

 

本業にもメリットがある副業とは?

例えば

  • ブログ/アフィリエイト
  • YouTube
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • プログラミング
  • オンライン配信
  • ネット販売

など、ある程度スキルや知識が求められる仕事のことを指すと思っています。

 

例えばブログなら

  • ネットの知識が身につく
  • Webマーケティング能力が身につく
  • 経営感覚が身につく
  • ライティング能力が身につく
  • デザイン力が身につく
  • アンテナが広がる
  • 個として認識される
  • インプット・アウトプットする癖がつく
  • 本業の業界以外の知識が身につく
  • 自分一人で稼ぐ経験ができる

と、良いこと尽くめです。

このスキルは当然本業にも活かすことができるので、
転職だってしやすいですし、年収アップを狙うことだって可能です。

 

実際私も副業を10年ほどノンビリしていますが、
副業での収益化はもちろんですが本業で活かしていることが多いですね。

今の会社は特に、副業で今までやってきたことをフル活用しているんですよ。
そのおかげで社内でも信用してもらえていると思っています。

 

また、知らない人から「いつもブログ見てます!」って声かけられたり
わざわざ遠方から会いに来てもらったり
既に考え方とか知ってもらってるので初めて会っても距離感が近付きやすかったり
自分を発信すればブランディングにも使えます

感覚的に、SNSとはまたちょっと違うんですよね。

 

飲食店の人が書くブログは特になんですが、
お知らせや宣伝とかが多い印象なんですけど
そういうのじゃなくて求めている層にマッチした文章を書くと
もっとファンが増えるのになぁ良い店なのに勿体ないなぁ、って思いながら見てます。

 

副業する時間がないは甘え

例にあげた副業であれば最初は1円にもなりませんが、
本気出したら本業以上稼ぐこともできますし、
将来独立したい人も収入分散できるので安心ですよね。

もちろんメディア運営(ブログの場合)は経営と同じなので、
かなりの努力をしないといけないのですが、それはそれで勉強になって面白いかと。

ただ、「したいけど、やる時間ないんだよね〜」ってよく聞くんですけど、まさかまさか。

昔本業で月500時間以上働いていたんですけど、それでも毎日数時間はできるんですよね。

 

実際私がしたことでいうと、

最初全然時間が確保できなかった
 ↓
24時間を細分化してみた
 ↓
一番無駄っぽいのは、帰ってソファーに座ってテレビやスマホを1時間ほど見ていた
 ↓
最初は我慢したけど、ついついクセで見てしまっていた
 ↓
テレビ・ソファーは時間を奪うものと定義して捨てた
 ↓
ご飯作る時間も勿体なかったので松屋で5分で食べてから帰った
 ↓
帰ってすぐシャワー浴びてすぐ作業開始
 ↓
1時間早く起きて出勤前に作業

って感じで毎日3〜4時間ほど確保してフルコミットしてました。休日は18時間ぐらいですね。

そのときは期間と目標決めてやっていたので、100万以上売り上げたりもしました(利益じゃないよ)。

ちなみに今の家にもテレビはないです。
このご時世、見たい時にU-NEXTみたいなオンデマンドで見た方が効率良いですしね。

 

とりあえず何か副業を始めてみましょう

流石にそこまで追い込めとは言いませんが、
コロナで時間が空いた人や休暇でヒマを持て余すくらいなら、
副業をはじめてみてはいかがでしょうか。

テレビやゲームもたまには良いですが、
時間を決めて目標を持って生きた方が、人生ワクワクしませんか?

Sponsored Link

コメントを残す