お知らせ。(主に近況報告)そして思うところ。

Sponsored Link

皆さんこんにちは、松本です。

最近ブログさぼりまくっててすいません。

 

実はわたくし5月からオンラインサロン運営してるんですよ。 

 

予想はしていましたが、ハイパー時間に追われてます。

いやー、皆さんすごく勉強熱心で質問の数も半端ないですね。

その回答+コラム記事を書くわけですから、個人ブログなんて書いているヒマが全くないわけですよ。

ブログ楽しみに見てくれている方がもし居てくれるのなら、ホントすいません。

 

お金頂いてるんで当たり前なんですけど、もっと教えたいんですよね。

持ってる知識をぜんぶ投げ出して、持ってる人脈ぜんぶ使って知見集めて、皆さんのコーヒーライフを充実させたい。

ただそれだけの想いでやっております。

 

コラボした理由

なんでイケダさんとコラボすることになったかというと、誘われて面白そうだったからっていうすごく単純な理由なんですけど、

いざやってみると予想より面白くて、もっと伝えたい、もっとわかって欲しい、もっと共有したい、っていう気持ちがドンドン湧いてくるんですよ。

 

イケハヤ効果で2chとかTwitterとかブログとかですごい批判されてるんですけど、別に知名度あげるとかお金がどうとかそこまで興味ないですからね。今のままでも別に生きていけてるし。

面白いか、面白くないか。ためになるか、ならないか。

私の行動理由わりとそれだけなんですよ。

 

会ったこともない人にエセバリスタと言われようが、意識高い系かん違い野郎と言われようがまぁどうでもいいんですけど、実際ぜんぜん知らないわたしにお金を払ってでも教授してほしいとわざわざ言ってくださる皆さんに、少しでも教えてあげたい。少しでも上手く淹れて欲しい。少しでも日常を良くして欲しい。それってダメな気持ちなのかな。

本来なら会うことがないかもしれないお客様と関われるなんて、すごいじゃないですか。インターネット万歳ですよ。

 

バリスタとしての実力は、まぁ私がエセだったら世の中の大半のバリスタ達はどうなるんだってぐらいの自信はありますが、もちろん日本一すごいかと言われるとそこまでではないと自覚はしてます。

デルソーレの横山さんほどバールマンではなく、島根の門脇さんほど技術があるわけでもなく、研究者の石脇さんほど検証しているわけではない。

それでも18歳からずっとプロ意識もって勉強して、先輩方に叱咤激励されながら10年ぐらい修行してきてるんです。

自分というものにものすごく向き合って、実力が足りないところを考えながらそれを補うように死ぬほど努力してます。マジで死ぬんじゃないかってこともよくありました。

 

仕事をする上で考えてきたこと

「お客様のために」をずっと考えながら続けてるんですね。

  • 先輩より技術が足りないと、同じ代金もらっているのに申し訳ない。
  • 綺麗なラテアートできないと期待して頼まれたときに申し訳ない。
  • 聞かれたときにちゃんと答えられないと申し訳ない。
  • カウンターに座ってくれたのに楽しい会話できないと申し訳ない。

だから努力するんです。自分のためじゃないんですよ。

別に当たり前の話なんですけどあえて言ってみました。

 

出来ないは言い訳なのですよ。

プロとしてやっているなら、出来ないじゃダメなんです。

もし出来ないことがあるなら、そのときは本気で謝って次までに必ずモノにする。

ずっとそうやってやってきました。

 

全てはお客様のために

なので今回のオンラインサロン。

・サロン運営したことないので全然わかんないです。→だからイケハヤさんと組みました。すでに長く運営されているから。

・顔見えません。どうやって淹れてるかもよくわかりません。→だから持ってる知識ぜんぶ書きます。プロでもひくレベルのこと書いてます。

・勉強不足な部分もあります。→総合では少なくても、ジャンルわけすると私以上の知識をもった人はいます。その人たちに尋ねればいい。

全てはお客様を満足させるため。私はサービスマンだ。休みがなくなろうが睡眠時間削ろうがどうでもいいんだよ。まったく理解できないとおもうけど、奉仕心強くないとやってられない仕事なんですよ。

だからオンラインサロンでも、同じようなマインドで挑んでます。

参加者の方がもしこの記事を読んでくれていて、不十分な部分がもしあれば言ってください。存分に理解できるまでトコトン伝えますので。

 

では、なんか気づけば長くなってましたが、6月末までブログはお休みさせていただきます。

もっとサロンのお客様と向き合いたいので。すいません。

またお会いしましょう。7月以降のネタも仕込んでますのでお楽しみに。


Sponsored Link

コメントを残す