高校を卒業する卒業生に伝えておきたいこと、贈る言葉。

Sponsored Link
f:id:yuski-m:20160322004004p:plain

 

勉強をがんばるか、仕事をするか。

今はこの二択のどちらかでしょう。

そのどちらにも伝えたいことがあるんだ。

10年後の、28歳が送る高校卒業生へのメッセージ。

もうすぐ新しい生活が始まる。

新たな出会いにワクワクしている頃だろうか。

大学or専門学校に受かった人、落ちて来年受ける為にがんばる人、就職して仕事がんばる人、いろいろいるだろう。

 

そこで聞きたい。

「きみは、そこで何がしたい?」

 

○○の研究をしたいんだ!

○○会社でがんばって働いて社会の役に立ちたいんだ!

 

という素敵な想いの方は是非そのまま進んでください。全力で応援します。

 

「なんとなく行っといた方がいい雰囲気だったから」

「なんとなく受けたら受かったから」

 

という方がもしいたら、是非やってほしいことがあるんだ。

 

すでに卒業したいろんな人と会って話をしてほしい。

 

将来何がしたいとか正直わからないよね。夢とか別にないし。

じゃあなんでないんだっていうと、知らないからなんだよ。

 

例えばだけどさ、証券会社の人と銀行員の人の違いなんてわかんないよね?

だって今まで関わったことないから。

親とか知り合いにいない限りわかるわけないよね。

 

君の将来の可能性はものすごく大きいけど、

そもそもの経験値というか情報量がまだ多くはないからさ、選びきれないんだ。

だからどれに進もうか迷う。

 

じゃあどうしたらいいかわかるよね?

そう。いろんな人と出会って話すんだ。

 

先輩や近所の人でもいい。紹介してもらってもいい。

個人的にオススメなのは、自分の中でこの人すげーなって一番思う人を決めるんだ。

その人と話して、その人に次の人を紹介してもらう。

 

「いろんな考えの人と出会って自分の世界を広げたいんです!」

 

って言われて断る大人はまぁいない。

そういう素敵な人は基本的にがんばる若者は好きなんだ。

なぜ?自分達が昔がんばってたからだよ(笑)

あーなんか懐かしいなって気持ちになって応援したくなるもんなんだ。

 

だから気負わなくていい。迷惑なんてかけまくればいい。

ほんとに迷惑かけたなら謝ればいい。

いきなり二人でお話ししましょうとかビビっちゃうからさ、最初はちょっと挨拶するぐらいでいいんだよ。

徐々に話していけばいい。

それをいっぱい、いーっぱい続けていけば、だんだんと

 

「あー、この人の生き方(仕事含む)いいな」

 

って思うときがくるんよ。

 

それを自分に照らし合わせて、ちょっと目指したいなって思えたら、それがになるんだ。

 

あとはそれに向かってがんばればいい。

決めたらもう迷うことはないんだ。

その決断がもし間違ってたとしても、気にせず突っ走ればいい。

またいつでも修正できるから。

 

とりあえずやるが一番大事なんだよ。

 

考えるのももちろん大事なんだけど、やってから考えても何とかなることの方が多いよ。

だからまずは最初のやること。いろんな人と出会って話す

 ぜひ、いろんな考え方を聞いて、自分の引き出しを広げて、

 

「自分の考えはこう!」

 

っていうレベルにまであがってほしいな。

 

知ってた?学校の先生もいろんなタイプがいるんだ。

担任の先生、一番好きな先生、校長先生、卒業してからでもいいから、その人がどういう想いで今を生きているか聞いてみてほしい。

先生ではなく、一社会人として答えてくれるはずだよ。

 

まだそうと認識してないだけで、きっと素敵な人達が近くにいるはず。

まずは身近なその素晴らしい大人たちを見つけて、お話ししてみたらいいんじゃないかな。

私ともし出逢う機会があれば、そのときは面白い話をいっぱい聞かせてあげるよ。

この先に幸多きことを願って。

卒業、おめでとう。


Sponsored Link

コメントを残す